SSブログ

映画「ブレードランナー ファイナル・カット」 [映画]

金曜日・・・会社の飲み会の後に、レイトショーへ行きました。
かなり久しぶりのレイトショーですね。
マトリックス・レボリューション以来か?(笑)

 

場所は新宿丸井のバルト9。


映画はなんと「ブレードランナー」!
ただのブレードランナーではなく、「ファイナルカット」版なんです。

これはブレードランナーが25周年を迎え、映像をデジタルリマスターして
いくつかの修正を加えた5つめのバージョンです(汗)

それがDVD化されるのに先行して、東京と大阪の2カ所のみで
11月17日から限定2週間で上映されるようです。

東京は新宿のバルト9のみ、大阪は梅田のブルク7のみ。

新宿は、深夜のカウントダウンイベントがあり、甲殻機動隊で有名な
押井守監督のトークショーもありました。

金曜の23時からイベントが始まったのですが・・・監督のトークが
異常に長かったです(笑)

監督も、このブレードランナーにかなりの影響を受けたようで
・世界観がしっかり構築されている
・訳がわからない(笑)

監督曰く、この2点がこの映画のいいところだそうで。
世界観に関しては、言わずもがなですよね。
近未来的な独特の世界観は、この映画が初めてで?かなりの映画やゲーム、アニメに
多大な影響を与えてるのは周知の事実で。

でも、なぜか有名じゃないですよね(汗)
そういう僕も初めて見たのは、3~4年前の話ですから(汗)

2つめの「訳がわからない」は、いい意味と悪い意味と両方あって
わかりにくい設定や展開があるのですが、それらをちゃんと知ると
もう一度見て、そのシーンを確認したくなる。

訳がわからないから、何度も見たくなる。一度見たぐらいで全てを発見できないほど
奥が深い・・・ということです。

悪い意味は・・・文字通り訳がわからないところがあるから(笑)
修正して、5つも出たってところでしょうか(笑)

でも、押井監督の言うとおりで、その2つが本当にブレードランナーの全て。
特に世界観に関してはすばらしいの一言。もちろん、こういうのを
受け付けない人もいますが、SFとか近未来が好きな人にはたまらないはず。

これだけの設定を25年前にすでに作ってしまってるところがすごいです。

というわけで、監督の話は1時間ぐらいにおよび、大幅に予定をオーバー。
その後はビンゴ大会で、2名にこのファイナルカットのDVDがプレゼント。

当然、ハズれたわけですが(笑)、その後は太っ腹プレゼント企画があって
100名にTシャツをプレゼント!!

入場するときに、実は色々とグッズをもらっていたのですが・・・


DVDのチラシ、ポストカード、フィルム、強力わかもとなど色々もらいまして
この中に映画のチラシが入っていると当たり!!

僕は入っていたので、Tシャツをもらえました!!!
でも、Lサイズでかなりデカいっす。


さらに全員に映画のポスタープレゼントで、かなり色々ともらえてしまいました。

僕はこのイベントがあることすら知らなかったのですが、友達から誘われて
参加したのですが、棚ぼたでかなり得した気分でした(笑)

んで、深夜の12時半ぐらいですかね?やっと映画がスタートしました(汗)

デジタルリマスターだけあって、かなりきれいな映像に仕上がってました。
これは早くブルーレイでほしい!!残念ながら発売延期だそうですが(汗)

映画の内容はといいますと・・・

2019年のロス。酸性雨で荒廃した未来。
人間とは見分けがつかない人造人間を作り出し、宇宙開拓を行っていた。

しかし、その人造人間=レプリカントが地球に逃亡して、反乱を起こす。
レプリカントを取り締まる特殊捜査官ブレードランナーの出番!って感じです(笑)

 

とにかく荒廃した未来がうまく描かれていて、日本語やいろいろな言語が入り交じり
酸性雨が降り続き、番傘使ってる人や、光る傘を使ってる人もいて
怪しい闇市場のような雰囲気ですね。

 

だけど、高層ビルや飛行する車など、しっかり未来的な要素も入ってます。

 

強力わかもとですが、スタッフがこのパッケージのデザインの斬新さに心奪われ
そのまま映画に出してしまったようです。


なので、今回は提携して、強力わかもとがもらえたんです(笑)

レプリカントは、外見は人間と変わりませんが、瞳が光ります。


あと、寿命があって4年で死んでしまいます。それ以上、長く生きると
だんだん感情がわいてきて、面倒が起きるので、4年で死んでしまうよう
設定されるようです。

あと、いきなり成体で作られるので、子供の頃の記憶なんかはなく
そのため、写真に執着するようです。思い出に憧れるのでしょうか?
しかし、この重要な設定は映画で語られることはありません(笑)

この2人は敵ですが、このデザインをぱくった映画やゲームの多いこと(笑)

敵との迫力あるバトルシーンも。昔なので、今見ると、かなりあっさりに見えますが。

 

この映画でもっとも重要なシーンの折り紙。


これは主人公のハリソンフォードが任務に後ろ向きだったから
それを皮肉る意味で「鶏=チキン」

 

ものすごく重要な追加シーン。


映画の内容に全く関係ないユニコーンが登場。
これは最後になると・・・

 

ものすごく重要なシーンその2。


しかし、また曖昧な表現になってるので、僕はこのシーンを誤解してしまいました(笑)

 

最後に物議を醸すシーン。こうやって、画像で撮ると決定的。


ハリソンフォードは監督の設定に納得いかず、この映画をなかったことにしたいようです(汗)
とにかく監督と主役がぶつかってるようです。

僕は断然、監督の設定に賛成。この映画のエンディングをちゃんと理解することで
ストーリーの奥深さを思い知り、また見たくなりましたから(笑)

この映画を見ると、絶対に最初は「?」と疑問を感じるところが多々あると思います。
僕はそれを友達から、全て解説してもらって、どっぷりハマりましたので(笑)
この映画を楽しみたい方は、僕がサポートしますよ(笑)

とりあえず、2回は必ず見たくなる映画(もちろん、人によります(笑))
近未来好きな人は、必須で見てください(笑)

 

 

 


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 7

K

おじゃまします
この映画もディレクターズカットとかいろんなヴァージョンがあって全部見るのも大変そうです^^。
by K (2007-11-18 22:46) 

くまにぃ

こんばんは
この作品、面白そうですぅ
見てみたいかも・・・
by くまにぃ (2007-11-19 00:06) 

kozy

◆Kさんへ

ヴァージョンはたくさんありますが、ディレクターズカットか、ファイナルカットのみを見ればOKかと思われます。

実はボクも、その2バージョン以外は見たことないんですよね。

友達がDVDボックスを買ったら借りようと思います(笑)
by kozy (2007-11-19 11:52) 

kozy

◆くまにぃさんへ

DVD貸しましょうか?(笑)

まずは、何も考えずに1回目を見てもらって、その後にボクが説明すると、もう一度見直したくなるはずです!
by kozy (2007-11-19 11:53) 

waseda16

初めまして!

最後の画像にゃ、「アッ!」と絶句です・・・
本当に驚きました。

その前の画像のユニコーンには、映画館で絶句でした。
そのあと、「こう来たか」とニヤっとしてしまいましたね。

トラックバックいただきます。
by waseda16 (2007-11-30 00:23) 

に~ぜき

こんにちは。はじめまして。ブレラン狂の者です。どれぐらい狂っているかと言うと、ブログをみていただければ・・・。

http://ameblo.jp/allbr/

さて、実は恥を忍んでお願いがあります。あの日、実はTシャツを外してしまいました。強烈にショックでした。当選した方々に、その場で譲ってくださるようお願いして回ったのですが、すべて断られてしまいました。あきらめきれず、ネットで検索していたら、こちらを見つけたのです。ブレランがお好きなのはわかってますので、こんなお願いするのはほんと心苦しいのですが、Tシャツを譲っていただくわけにはいかないでしょうか。もちろん謝礼はできるかぎりさせていただきます。メールにてお返事お待ちしております。la2019@yahoo.co.jp 大変失礼なお願いで申し訳ありません。では・・・
by に~ぜき (2007-12-04 23:20) 

kozy

◆にーぜきさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
先ほどメールさせてもらいました。ご確認ください。

一緒に行った友達は外れていて、悔しがってましたね。
by kozy (2007-12-05 10:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0